青汁の進化

美味しくない飲み物、というイメージがどうしても強いのが青汁ではないでしょうか。
昔そういうフレーズのCMがあったこともあり、多くの人に味は良くないが健康に良いもの、として認識されるようになりました。
しかし、本当に美味しくないものが、現在まで多くの人に愛されている、ということがあるのでしょうか?実はここには青汁のイメージと実態の違いが存在しています。

確かに当時の青汁というのは美味しくないものでした。
しかし、実は現在における青汁というのはそれほど美味しくないものではなくなっています。
それどころか口当たりがよく、美味しく飲むことが出来るものも多くなってきているのです。
青汁は技術の進歩に合わせて進化しており、飲み口はもちろんのこと健康的な効果についても進化を遂げてきました。
脚を止めずに進歩していることが、青汁が今に至って人気を誇っている理由の1つと言えるでしょう。
では、実際青汁にはどんな効果があるのでしょうか?

青汁の効果は野菜の効果を凝縮しているものだと考えて頂ければ概ね間違いはありません。
青汁にもいくつかの種類があり、それぞれ原料となっているものが違っています。
その原料によって効果も違ってきているわけです。
青汁の中で特にポピュラーな原料であるといえるのが「ケール」と「大麦若葉」、そして「明日葉」の三種類です。
多くの青汁がこの3つのうちのどれかを主たる原料としています。
これに加えてその他の材料を加えているのです。